読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

slowly life

のしん@しんしあ

【XY全国ダブル】メンハドーブルトリパ【東北オフ優勝】

9/27開催の東北オフで使用した構築。予選5-2の同率1位3人からの

じゃんけんで2位通過、その後4連勝で優勝しました。東北オフ優勝は仙台にいるうちの目標だったので実現できとても嬉しいです。

 

種族名 技1 技2 技3 技4 持ち物 特性
ドーブル ダークホール この指とまれ スキルスワップ キングシールド メンタルハーブ マイペース
ゴチルゼル サイコキネシス 癒しの波動 守る トリックルーム オボンの実 影踏み
クチート じゃれつく アイアンヘッド 不意打ち 岩雪崩 クチート 威嚇/力持ち
ドサイドン ドリルライナー 岩雪崩 アームハンマー 守る 弱点保険 ハードロック
ヒードラン 噴火 火炎放射 大地の力 守る 防塵ゴーグル 貰い火
キノガッサ 種マシンガン マッハパンチ キノコの胞子 守る 黒い鉄球 テクニシャン

 

 【概要】

メガゲンガーを採用した構築を考えるも場に出た瞬間から縛る即時性が多くの場面で欲しく思えてしまい開き直ってゴチルゼルを考えることに。トリパとしましたがゴチルゼルがほぼ攻撃に参加できないため、どんな相手にでも攻めあぐねることのないようにトリル下アタッカーを4枚採用し、手薄になってしまったトリル補助をゴチル以上にヘイトを集めてくれるドーブルに任せました。

当日は個体準備が間に合わず人からお借りしたり流用したりといった個体が多かったため、一部実数値は実際に対戦で使用したものとは異なります。

 

 

 

【個別解説】

ドーブル@メンタルハーブ<マイペース>

腕白  162-x-95-x-66-95

努力値 252-0-252-0-4-0

ダークホール この指とまれ スキルスワップ キングシールド

 

〇B

・A146ファイアローの珠ブレイブバード耐え

・A182キノガッサのテクニシャンマッハパンチ耐え

・A194メガガルーラの威嚇込み捨て身タックル超高乱数耐え

 

〇D

・C194サザンドラの悪の波動耐え

・C216FCボルトロスボルトチェンジ耐え

 

襷でもスカーフでもなくHB特化しメンタルハーブを持たせたドーブル。トリルのサポをできるのがドーブルのみのため、あらゆる場面で動かせ、かつ場合によっては大きなアドバンテージを狙える型としました。採用順に技を説明すると、

 

ダークホール

ドーブルのメインウェポン。命中不安といえど胞子よりも優先すべき。

この指とまれ

ゴチルゼルで受けたくない攻撃を受け、次ターンのアタッカー無償降臨に使える技。トリルが切れたあとにアタッカーを守ることも可能です。先日のあんぐらオフで「スカーフドーブルゴチルゼル」のトリパが優勝しましたが、スカーフダクホ→相手眠り→トリルと動いた場合、次ターンの交代時に相手が起きてアタッカーが落とされてしまうと即負けに繋がりかねないため眠らせることよりもトリル成功とアタッカーが被弾しないことを優先しました。対コンボパ性能もそれなりに持てる。

「キングシールド」

スカーフではないため相手の猫騙しを凌ぐためには守ることが不可欠なので採用。ドーブルの防御技としては「ニードルガード」の方が採用率は高いと思いますが、挑発に対してはメンタルハーブで保険を掛けられ、またガルーラなどの猫騙しが触れた場合はゴチルの影踏みと合わせて一気に腐らせることが可能です。スカーフ警戒でアローが突っ込んでくれたりすると美味しい。負けん気ポケモンが触れたとしてもA2段下降後に2段上昇するので±0で不利にはなりません。

スキルスワップ

メガガルーラ+悪戯ボルト、メガゲンガーエルフーンなどはゴチルゼルに猫や攻撃しつつドーブルに挑発するのが一般的な行動だと思いますが、そこで1ターン目にゴチルゼルを守らせながらドーブルで悪戯心にスキスワすれば2ターン目は悪戯心ダクホを打ちながらトリルを決められます。相手のガルーラボルトがドーブルに猫、ゴチルに挑発と動いていても次に指トリルができるため失敗のリスクはさほどありません。悪戯ダクホ後はこの指をしながらゴチルをアタッカーに引く流れ。

相手の影踏みを奪うことでこちらの展開を阻まれるのを打破するのにも使えます。

 

ダクホよりもこの指を積極的に使っていくので相手の上を取るためにとSを振ることはせず、HB特化にして1発の被弾での生存率を上げました。無補正無振りの素早さは「95」となり最遅100族+1ですが、相手のクレセや噴火ドラン、身代わり持ちギルガルドを抜けることの多いラインなので最遅にするよりもよく働いてくれると思いました。対スタンではトリル後に充分速く動けるので使用感はよかったです。キングシールドを使うことが多いので特性ムラっけも候補でしたがスキスワで事故ることのないように安定のマイペースとしました。

 

 

ゴチルゼル@オボンの実<影踏み>

生意気 175-x-138-115-156-63

努力値 236-0-180-0-92-0

サイコキネシス 癒しの波動 守る トリックルーム

 

〇C

サイコキネシス

・221-101モロバレル 確定2発

・167-70ブレードギルガルド 身代わり確定破壊

 

〇B

・A216メガバンギラスの噛み砕く耐え

・A167ボルトロスの鉢巻叩き落とす耐え

・A112マリルリの腹太鼓アクアジェット耐え

 

〇D

・C194サザンドラの珠悪の波動耐え

 

影踏みを活かしてパーティの主軸となるポケモンクレセリアの方が耐久の高さと冷凍ビームの存在から構築への採用しやすさはありますが、トリルに併せてバレルやトドン、ドランなどこちらのアタッカーに強い駒を投げられると苦しくなってしまいがちです。それを影踏みのロックで防ぎ、有利対面で狙いの相手を確実に狩れるようになるのはトリックルームへの依存度の大きいこのパーティでは勝ちに大きく貢献してくれます。場に居座る機会が長いですが捨て身ガルーラの前でもトリルを決めるためにオボン>>食べ残しでした。

技は、守るとトリックルームは外せませんが、次に味方の僅かに足りない打点を一押しできるサイコキネシスを選択。サイコショックではブレードギルガルドの身代わりを割れなかったりバレルを2発で倒せなかったりとよく対峙するであろう相手への打点が不足します。ラストに癒しの波動を採用しましたが、アタッカーを2体しか選出できないのでそいつらをトリルターン中長持ちさせるのに役立ちました。耐性の優秀なクチートと相性が良いのは勿論、保険ドサイや噴火ドランともシナジーがあります。手助けや挑発とどれを組み込むか迷いましたが、アタッカーたちの火力に不足を感じる場面がなかったのと、バレルに厚い駒を増やしたので波動で間違いなかったと思います。

配分は、D特化すれば眼鏡悪波や珠シャドボ、晴れオバヒ、スキン破壊光線まで耐えられるようになるのですが甘えてB方面に多少厚くしました。眼鏡サザンなんかはほとんどの場合ドーブルに邪魔させないために猫ガルーラ+眼鏡サザンで猫をドーブルに打ってくると思うのでキンシ守るをすればガルーラのAが下がって次のこの指でガルーラ+サザンの攻撃を両方受けられることになり、珠ガルドも大体上からダクホが通るので、ほぼ全ての努力値を注ぎ込んで確定耐えしたところで実践ではそこまで被弾しないのではないかと思えたからです。

この指を無視してくる「フリーフォール+α」には注意したい。

 

 

メガクチートクチート石<威嚇/力持ち>

意地  157-150-106-x-75-64

メガ時 157-172-146-x-115-64

努力値 252-252-4-0-0-0 (S個体値18-19)

じゃれつく アイアンヘッド 不意打ち 岩雪崩

 

〇A

じゃれつく

・141-120キリキザン 確定1発

・165-110FCランドロス 高乱数1発

アイアンヘッド

・181-120メガガルーラ ゴチルゼルサイコキネシスと併せて高乱数 

・222-150ドサイドン ハードロック込み不意打ちと併せて確定

・204-102マリルリ 153〜180(75〜88%)(オボン発動後に腹太鼓ができない)

不意打ち

・167-170ギルガルド ブレード時へのサイコキネシスと併せて確定

岩雪崩

・155-90ボルトロス 確定1発

 

〇B

・A211ドサイドンのドリルライナー耐え

 

〇S

ゴチルゼル+1

 

影踏み+威嚇、HBドーブル+威嚇、と相手の攻め筋を抑えながらメインアタッカーとなれる説明不要のトリルエース。ですが毎試合出すというわけでもありませんでした。クチートよりも優先して欲しい打点があると判断したら出さずに相手の対クチートの駒を狩るという選択も大切です。トリルアタッカーの技範囲を広くしているのでどの組み合わせでも出せるようになっています。

配分と技構成はそれほど深く練ったものではありませんが素早さをゴチルゼル+1にしてオボンを発動させずにマリルリロトムなどを処理できるようにし、メインウェポンのじゃれつくアイへ、トリル終了後に腐らない不意打ち、ドサイドンを出さない場合にファイアローの処理手段が皆無にならないように岩雪崩を持たせました。ナットレイへの打点が少ないので炎の牙をアイへと入れ替えるのもありかもしれません。影踏みで交代を気にせず殴れるので叩き落とすはいらないでしょう。対ドサイでライナー耐えてアイへ不意打ちで倒せたら便利かなーと思ってたらまさかのHA252になってしまってちょっとびっくり。

 

 

ドサイドン@弱点保険<ハードロック>

勇敢  205-211-150-x-93-40

努力値 116-252-0-0-140-0

ドリルライナー 岩雪崩 アームハンマー 守る

 

〇A

ドリルライナー

・167-100メガゲンガー 確定1発

・207-170メガバンギラス 確定2発

・191-105エンテイ 高乱数1発

岩雪崩

・155-90ボルトロス 高乱数1発

アームハンマー

・207-170メガバンギラス 中乱数1発

・181-120メガガルーラ ゴチルゼルサイコキネシスと併せて確定

 

〇B

・A194メガガルーラグロウパンチ+不意打ち耐え(36+27+93+46=202) 

 

〇D

・C202メガユキノオーの吹雪+霰ダメ1回耐え

 

クチートで手の出ない炎タイプ・鋼タイプへの強力な打点。対ガルーラボルトなんかでも鬼のように活躍してくれます。タイプ不一致の格闘技や氷技が多いので保険の発動率はなかなか高く、またゴチルの癒しの波動の存在から、保険発動後に十二分の仕事をこなしてくれます。

技構成は岩雪崩と守るを確定させ、相手のこの指に左右されずにドランを倒せるようになる地震が欲しいところですが隣に並ぶ機会の多いゴチルやクチートを巻き込まないようにとドリルライナーを採用。波動を遮ってしまうので身代わりは不採用とし、アムハン冷パン雷パンメガホーンなどの候補からガルーラの処理を急げるアムハンを選択しました。アムハンを抜いていっそ地震採用でも良かったかもしれません。

配分はA特化+グロパン不意打ち耐えとしました。ADぶっぱにしても耐えないものは耐えないので物理方面への信頼感を高める方が使いやすく感じました。

 

 

ヒードラン@防塵ゴーグル<貰い火>

冷静  191-x-134-200-126-73

努力値 196-0-60-252-0-0

噴火 火炎放射 大地の力 守る

 

〇C

噴火

・212-120メガガルーラ 確定2発

・167-170ギルガルド ゴチルゼルサイコキネシスと併せて確定

火炎放射

・157-115メガクチート 確定1発

・221-101モロバレル 中乱数1発

大地の力

・198-126ヒードラン 確定1発

 

〇B

・A188メタグロス地震耐え

・A167ボルトロスの鉢巻馬鹿力中乱数耐え

 

〇D

・C178ニンフィアの珠めざめるパワー地面中乱数耐え

 

トリパを使う上で当然ながらバレルの処理手段は必要なので、ゴーグルを持たせた噴火ドランを組み込みました。トリパは高火力全体技が欲しくなるのでメイン火力も担ってもらいます。HPが多少削れても癒しの波動で回復できるので何度でも噴火連発が可能です。珠やプレートを持ったドランも多いですがゴーグルでも火力不足は全く感じませんでした。

技構成のうち、火炎放射の枠だけは変更の余地があるかもしれません。東北オフで選出した5戦中ただの1度も打ちませんでしたし他に欲しいと感じたものもなかったので

、大文字やラスターカノンゴチルゼルがいなくてもロックが可能になるマグマストーム、HP満タン噴火でも落としきれない相手を処理できるようになるオーバーヒート、リザアローへのエッジ、サイコキネシスと併せてガブリアスを倒せる竜の波動、マリルリに半分近く入るめざめるパワー草(そんな個体持ってない)、などから好きなのを採用しても面白いと思います。

トリル下で相手のドランより先に動きたいので最遅にし、HPがそのまま火力に直結するポケモンなので定数ダメを少しでも和らげるために16n-1としました。トリパミラーした場合を考え最遅+1の方が選出時思いきれるかもしれません。

 

 

キノガッサ@黒い鉄球<テクニシャン>

勇敢  165-200-100-x-83-67

努力値 236-252-0-0-20-0

種マシンガン マッハパンチ キノコの胞子 守る

 

〇A

種マシンガン

・204-102マリルリ オボン込み超高乱数3発

・222-150ドサイドン ハードロック込み3発

マッハパンチ

・147-87ゲッコウガ 確定1発

・175-170メガバンギラス 中乱数1発

・181-120メガガルーラ メガクチートの不意打ちと併せて確定

 

〇B

・A200マンムーの鉢巻氷の礫耐え

・A194メガガルーラの威嚇込み捨て身タックル耐え

 

〇D

・C105モロバレルのヘドロ爆弾耐え

・C115ゴチルゼルサイコキネシス最高乱数以外耐え

・C158トリトドンの冷凍ビーム耐え

 

〇S

・鉄球込みで最遅バレルメガノオー+2、最遅ソーナンス⁻1

 

クチートドサイドランで水タイプやドサイドンの処理が非常に厳しいのでキノガッサを採用。バレルに邪魔されることなく行動できるのも大きいです。トリル下でマリルリトドンドサイらよりも遅くなりたかったので鉄球を持たせました。素早さ半減系アイテムならどれを持たせてもあまり変わりはないですが、鉄球ならもしもトリックされた場合に相手にデメリット効果を押し付けられることがあります。

技構成は上記の4つで完成されていると思います。マッハパンチの代わりにめざましビンタを採用しようと思ったらXYから威力60→70になっていてテクニシャン対象外になっていました…そんなの知らないよ…。

配分はHA基調から少しだけDに回して特定の特殊技を耐えられる乱数を上げました。

東北オフで2回鉄球ガッサミラー(ガッサKP6)起きたのだけどいつの間に鉄球ガッサはそんなにメジャーになったのだろう。

 

 

 

 

【雑感】

オフ前2日徹夜して一から組んだのですが、最高の結果を残せて苦労が結ばれた気がして嬉しいです。頭鈍くて当日プレミを何度かしたり、決勝でも時間切れをやらかしたりとお粗末な部分もありましたが運が味方してくれました。

構築としては未だメガバナやマリルリ、ガルド、キザン、ガルーラドーブルなどが非常に重く改良の余地はあると思っていて、これをブラッシュアップしたものを大正義オフで使おうかと思っていたのですがせっかく優勝できたので構築が熱いうちに記事にしました。めんどくさいのでメンハドーブル増えませんように。

最後に個体を貸してくださったぴかさんとイユさん、ありがとうございました!