読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

slowly life

のしん@しんしあ

【カロスダブル】ボツ構築と反省点

1ヶ月前にスペシャルレートで使っていた構築を2つ。

 

 

 

種族名 技1 技2 技3 技4 持ち物 特性
ガルーラ 八つ当たり 大文字 冷凍ビーム 猫騙 ガルーラ 肝っ玉/親子愛
ファイアロー ブレイブバード フレアドライブ 蜻蛉返り 守る 命の珠 疾風の翼
サザンドラ 流星群 悪の波動 火炎放射 気合玉 拘り眼鏡 浮遊
ギルガルド シャドーボール ラスターカノン 身代わり キングシールド 食べ残し バトルスイッチ
ギャラドス 滝登り ストーンエッジ 氷の牙 地震 拘りスカーフ 威嚇
モロバレル ギガドレイン キノコの胞子 怒りの粉 守る オボンの実 再生力

 

 

【概要】

サザンガルドの完璧な相性補完を活かして構築を組みたいと思ったところからスタート。スペシャルレート1500から1830くらいまで使用していましたがキツい相手が多く勝率はよろしくなかったです。

 

 

【個別解説】

ボツ構築であり、努力値も調整先が思いつかずに適当で使っていた個体も多いため解説は簡単にします。採用順から。

 

@眼鏡<浮遊>

中低速やほとんどのトリル要員に強く、苦手なポケモン(主にガルーラガブマンダ)もはっきりしていて非常に気に入っているポケモン

ロトムクチートを出来るだけ一撃で落とせるように眼鏡。交代時のクッションとなるガルドがいるし、またガルドの苦手な技を受けに出す場合もあるので命の珠は持たせたくない。技は、炎技はC177あれば眼鏡放射で157-115メガクチート一発なので大文字にする必要はないと判断。4枠目は竜波、ラスカなども候補ですが、竜波を撃ちたい場面は大体悪波でも良い(基本的にドラゴンの相手はしないので等倍にしか撃たない)、ラスカはサナにしか撃たない上に無振りサナすら落ちない、などの理由からバンギやズキンを一撃で持っていける可能性のある気合玉。努力値配分は良い調整先が浮かびませんでした。

 

@食べ残し<バトルスイッチ>

優秀な耐性の持ち主で、カロスではフェアリーに後出しできる数少ないポケモン。身代わりのおかげで物理のガルーラクチートに有利目に戦えるのも偉い。技は現在最もオーソドックスな4つ。配分は思考停止HCぶっぱよりも、ミラー考慮で多少Sに振るべきだと思います。一例として、HPをみがわりと食べ残しの兼ね合いの良い16n+1~3(※)にして残りをSに回すなど。

 (※)例

HPが167(16n+7)のとき、身代わり消費41、食べ残し回復10 

         163(16n+3)のとき、身代わり消費40、食べ残し回復10 となる。

 

ガルーラ石<肝っ玉/親子愛>

 特殊ガルーラ。最初はサザンガルドが特殊に寄っているので高火力物理が欲しいという理由で採用しましたが、対戦をこなすうちに初手で対峙しやすくサザンガルドの障害となるガブマンダを落とすための冷凍ビームを採用した特殊型の方がハマると思い型を変更。臆病でH207と素の状態でドーブル抜き、文字でナットを焼けるとこまで振ったらほとんど綺麗に努力値使いきりました。臆病八つ当たりでも157-127ロトムには半分入ります。

 

@拘りスカーフ<威嚇>

サザンガルドの弱いガブへの駒。ガブを抜くためや、ここまでで中速気味なためスカーフに。メガライボルトを抜くために陽気。リザYを一発で落とせる枠でもある。

 

@オボン<再生力>

ここまでで雨が重く、また対トリルも万全でなかったので採用。持ち物や調整先が迷子だった。

 

@命の珠<疾風の翼>

物理打点で素早く、地震をスカせる奴が欲しかったので採用。対メガゲンガーサーナイトにもこいつが欲しかった。

 

 

【反省点】

・全体の火力が低い

ガルーラの型変更によるところもありますが火力に期待できるのがサザンドラファイアローくらいで、この2体が落とされると殴り勝てない。

・対ガルーラ

相手のガルーラが1度グロウパンチを積むと止められない。そもそも積んだガルーラ止められる奴なんていねーよって話ですが、上記の通りパーティの火力が低いのでガルーラを落とすのに数ターン掛かってしまい、1:2交換以上をされてしまう場合が少なくありませんでした。肝心のサザンドラグロウパンチの起点になりかねないのでとてもキツかったです。

・対ファイアロー

一度両縛りされると勝てません。ギャラで威嚇をしに行く時にギャラがブレバを喰らうと半分削れて次のターンのブレバで縛られてしまいます。

・対トノグドラ

ガルーラの八つ当たりの火力が低くトノやグドラを落としきれないことが多かったです。対アローやトノを考えてガルーラの八つ当たりを10万にしても良かったかもしれません。

・対ヒートロトム

サザン以外が大体弱く、猫や高速ドラゴンと出されるとある程度仕事されてしまうのは避けられませんでした。

・対バンギラス

ガルーラが特殊になったのもあり打点が不足。アローもこいつに少しでも足掻くために陽気で蜻蛉をする型になりましたが、ブレイブバードのダメージを少しでも増やせる意地っ張りにしたいのが本音でした。個人的にあまりバンギを評価していなかったのもあって薄くしすぎてしまいました。

 

 _____________________________

 

上のパーティの次に使っていた問題構築。1830から1630まで簡単に下げることができました。弱すぎたので表作りません。

 

【概要】

ムーバー解禁によりダクホドーブルが登場したため、最も確実な対策として悪戯神秘ニャオニクスを採用。神秘をするなら威張るも採用しないと腐ってしまうのでいば神秘軸で組もうという方針に。ついでにトリルクチートにも興味があったのでトリパに。

 

 

【反省点】

・ニクスの負担が大き過ぎた

基本的な流れは、「猫トリル→いばラム→神秘→ズキンかクチートに威張る」というものだったのですが、少なくともニクスが4ターン動いてることなど稀であり、またスムーズに神秘のターンにズキンが落とされていたとしても結局クチートがトリル下で動けるのは2ターンのみであり強みが活かしきれていませんでした。

・ズキンの火力の無さ

いばラムしても相手を一発で持っていけない、威嚇入ったらほんと火力ない(その上クチートマンダに打点ない)、ドレパンで無駄に長生きする、など1:1交換さえできぬままトリルターンを食い潰すことがままありました。トリルを成功させたら神秘張りながら即ズキンをクチートに交替なんてこともしましたが、クチートが無駄に削れてしまいトリル下で充分に活躍できなくなってしまいます。トリルサポートは根性ハリテヤマとかの方が向いていたかもしれません。

クチートの命中難

あいての掃討をクチートに任せたいパーティだったので外しがそのまま負けに直結。トリルクチートにはアイアンヘッドが欲しいと感じさせられました。

・全体技がない(パーティ全体の火力がない)

トリパなのに吹雪や地震、熱風などの高火力全体技がないせいで思考停止でアドを取りに行くことができませんでした。一応クチートに雪崩は入れていましたが。

・対ファイアロー

ニクスにファスガがあり、雪崩持ちのハリテを使っていたらもっと楽だったかもしれません。強引にクチートで威嚇を入れながら受ける場面が多かったですがまた無駄にクチートが削れてしまいます。

・対マリルリクチート

ニクスで甘えながら強引にクチートで殴り勝つしかありませんでした。

・対ヒートロトム

またこいつが重い事案。穴になりがちなのでしっかり意識する必要がありそうです。

・対ギルガルド

もう顔も見たくありません。仕方なく威張ります。

・対キリキザン

もう顔も見たくありません。仕方なく威張ります。

 

____________________________

 

【今後構築を組むにあたって意識したい点】

・パーティ全体の火力の確保、耐久の確保

当たり前ですが、振り返るとそこをきちんと組めていなかったので猛省。カロスダブルは受け出しが容易でなく対面で殴りあう場面が多くなるので、そこで競り負けることを極力減らしたい。せっかく殴ってもガルーラに3割しか入りませんとかじゃ洒落にならない。また、想定されるメジャーな攻撃は耐える耐久をできるだけ持たせたい(アローの鉢巻ブレバ、グドラの雨眼鏡濁流、リザYの晴れ熱風、ガルーラの恩返し捨て身、ゲンガーのシャドボヘド爆、など)。

 

・メジャーどころへのメタを薄くし過ぎない

構築段階でAを意識していたがBに強くなるよういじったらAに薄くなってしまったという、あちらを立てればこちらが立たずにならぬ状態にならないように最初の段階で満遍なく穴を塞げるように組みたい。グロリア地方予選のKP表は活かせそう。

 

・低KPながらも大会上位者が使用していたポケモンへのメタ

ドーブル、ヒートロトムキリキザン、メガフシギバナなどの、KPではごく少数だけれども大会上位の方が使用していたポケモンは環境に刺さっていたり今後KPが増えたりすると考えられるので、対策を練り込む、または自身が採用して使用感を知るのも大切かもしれません。

 

・1体に役割を持たせ過ぎない

急所率も上がっているのでできるだけ役割を集中させず複数体でメタを張りたい。ただパーティが高種族値化してしまい、安直に組むと既存のよくメタを張られたパーティになってしまう可能性があるのが難しい。

 

・明確な勝ち筋を考えておく

カロスダブルはとにかく時間が短いので基本的な選出立ち回りや、◯◯に当たったらこうするといったことを事前に考えておかないと実戦で悲惨なことになりかねない。自分で考えた構築でなく人が組んだ構築でもここはきちんと考えてから使いたい。

 

 

すごく当たり前だろって感じのことが並んでしまいましたが、次構築を組む際に自分が迷わないようにまとめました。春休みに入ったし、ダクホドーブルも貰えたので新しくまたパーティ作って行きたいです(^o^)v