読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

slowly life

のしん@しんしあ

【XYダブル】メガライボルトスタン

XYダブルレーティング第一シーズン最初期に使用していた構築。

無敗で1800まで到達して1800からの相手への勝率は7割くらい、たぶん。最高レートは忘れましたが2000には届かなかった。

 

種族名 技1  技2 技3 技4 持ち物 特性
ライボルト 10万ボルト オーバーヒート バークアウト 守る ライボルト 避雷針/威嚇
バンギラス 岩雪崩 悪の波動 大文字 冷凍ビーム 拘りスカーフ 砂起こし
カポエラー インファイト ストーンエッジ 猫騙 ワイドガード 白いハーブ 威嚇
トゲキッス エアスラッシュ 火炎放射 この指とまれ 電磁波 オボンの実 天の恵み
マリルリ じゃれつく 滝登り 馬鹿力 アクアジェット 拘り鉢巻 力持ち
ナットレイ アイアンヘッド 種マシンガン 宿り木の種 守る 食べ残し 鉄のトゲ


 

 

【概要】

レート初期の「バンガブキッス水ロトムのテンプレ感からの脱却」、「ガルーラクチート以外のメガ進化の採用」を念頭に組もうと決意し、特性威嚇のメガライボルトに注目して組み始めた構築。また初期トップメタの上記6体全てにナットレイが刺さっていたのでナットで詰ますことを意識した。

 

 

【個別解説】

 ■メガライボルトライボルト石<避雷針/威嚇>

臆病  145-x-101(81)-187(157)-100(80)-205(172)

努力値 0-0-4-252-0-252

10万ボルト オーバーヒート バークアウト 守る

 

◯C

10万ボルト

・191-136トゲキッス 140~168(73~88%)(※オボン込み2発、避雷針込み1発)

・157-127水ロトム 高乱数2発(92%)

オーバーヒート

・157-115メガクチート 確定1発

 

 ◯S

・最速

 

メガ進化により威嚇、70族スカーフよりも高い素早さを手にしたポケモン。ただ火力や耐久はお世辞にも高くなく、控えめマンダの流星群 、威嚇込みドリュウズのドリルライナー、威嚇込みガブリアスの珠地震で全て乱数で落ちてしまうので少しCSから耐久に回しても良いかも知れないなとは感じた。ゴリゴリ殴るのではなくサイクルを回して戦うのが最も適した使い方であるのは間違いない。

技は雷・火炎放射・ボルトチェンジ・めざ氷なども選択肢。

 

 

バンギラス@拘りスカーフ<砂起こし>

臆病  175-138-131-147-120-124

努力値 0-0-4-252-0-252

岩雪崩 悪の波動 大文字 冷凍ビーム

 

◯A

岩雪崩

・191-116トゲキッス 78~92(41~48%)(※オボンの実が発動しない)

 

◯C

悪の波動

・136-115メガゲンガー 超低乱数1発(6%)

・187-129メタグロス(222シャドボ耐え)  104~126(56%~67%)

大文字

・181-136ナットレイ 超高乱数1発(94%)

・157-115メガクチート 106~126(68~80%)

冷凍ビーム

・183-106ガブリアス 確定1発

 

◯S

・最速

 

 威嚇2枚なのでD高い奴が欲しくて採用。が、鬼火蔓延&ガブクチートに打点皆無の物理一本バンギは使う気が起きず全体の足も遅めだったので特殊スカーフに。今ではバンギは特殊型しかいないためガブなどに警戒されやすいが、構築完成当時は狩り放題だった。

技は、一貫しやすく命中安定の悪の波動、ガブを狩る冷凍ビーム、クチートナットハッサムへの大文字、そして臆病だが上から相手2体を殴りたい場合が少なからずあるので岩雪崩を採用。一応原始の力のが火力は出るっちゃ出るけど。

 

 

カポエラー@白いハーブ<威嚇>

意地  157-161-115-x-130-91

努力値  252-252-0-0-0-4

インファイト ストーンエッジ 猫騙し ワイドガード

 

◯A

インファイト 

・207-170メガバンギラス 確定1発

・181-201ナットレイ 確定2発

ストーンエッジ

・185-91ファイアロー 確定1発

・191-116トゲキッス 確定2発

 

今作でこの指とまれ怒りの粉の優先度が下がり、猫騙しがBW期よりも実質的に強化されたので猫持ちを入れたく、威嚇持ちでガルーラバンギドリュウズに強いカポエラーを採用。ファストガードワイドガードが連続使用可能になったのも大きい。

技は、インファイト猫騙しは確定。今作からタイプ変更でキッスにインファイトが雀の涙ほどしか入らなくなってしまったため、この指キッスの前で完全に腐ることの無いようにエッジ。威嚇入ったガルーラやバンギ方向にエッジを撃てばおまけでファイアロー狩れたりもした(爆笑)。ファイアロー自体はライボルトバンギマリルリがいるので別に重くはないがガブファイアローの並びに後投げできないので交代読みでファイアローにエッジを当てなければ不利状況を作られてしまうということもあったっちゃあった。最後に地震を防ぐためのワイドガードを採用。

持ち物は格闘ジュエルがないため、カポミラーやインファイト後の耐久ダウンを考慮しての白いハーブとしたがゴツゴツメットでも面白いだろう。

威嚇入るとインファイトがHぶっぱメガバンギに最高乱数以外耐えられるって知ってましたか?

 

 

トゲキッス@オボンの実<天の恵み>

図太い  190-x-128-141-142-126

努力値  236-0-12-4-52-204

エアスラッシュ 火炎放射 この指とまれ 電磁波

 

◯C

 エアスラッシュ

・183-106ガブリアス 乱数3発

・157-131カポエラー 確定2発

火炎放射

・177-100ハッサム 確定1発

・157-115メガクチート 確定2発

・187-129メタグロス 76~90(41~48%)

 

◯B

・A200ハッサムの鉢巻テクニバレットパンチ耐え

 

◯D

・C222メガゲンガーヘドロばくだん耐え

 

◯S

・最速バンギ&準速メガバンギ抜き

 

フェアリー飛行タイプになりドラゴン無効格闘1/4となれば採用しない手はない、ということで採用。電気技を呼びやすくライボルトの避雷針と相性も良かった。どんな相手に選出しても一定以上の活躍はしてくれた印象。

技は、エアスラ放射この指と、ライボルトの避雷針を能動的に発動させたりナットで詰ます立ち回りで役立つ電磁波。マジカルシャインもあったら便利でしょう。

配分は、一撃で落とされないように耐久に回し、キッスミラーやロトムバンギ辺りにエアスラ怯みの勝ち筋を残せるようSに振ったらぴったり。

 

 

 ■マリルリ@拘り鉢巻<力持ち>

意地  191-112-112-x-101-75

努力値 124-252-92-x-4-36

じゃれつく 滝登り 馬鹿力 アクアジェット

 

◯A

じゃれつく

・207-170メガバンギラス 高乱数1発(81%)

・157-127水ロトム 超低乱数1発(6%)

馬鹿力

・181-151ナットレイ 確定1発

アクアジェット

・185-81ドリュウズ 確定1発

 

◯B

・A172メガクチートのじゃれつく耐え

 

◯D

・C157ロトムの10万ボルト耐え

 

ナットレイの障害となる炎タイプへの強烈なメタ。 トノグドラにもナットと共に大きな圧力となる。「じゃれつく」は一貫しやすく、猫この指電磁波でサポートしながら問答無用で相手1体を潰すのは爽快だった。

ここまでで全体としての火力が今一つ足りなく、またドリュウズ確定など気持ちいいラインに火力の届く鉢巻を持たせた。そのお陰で本来打点の無いナットレイを呑気HB以外なら処理できる馬鹿力を採用できた。ただ守るがないのでHP管理は非常に難しい。

配分は当然のAぶっぱ。そしてメガクチートに確実にSで勝るように75まで伸ばし、残りはH16n-1でBに回した。天候ダメージは増えるがBからもっとHに回した方が良いかも知れない。

鉢巻マリルリの実質A実数値:112×2×1.5=336

メガクチートの実質A実数値:172×2=344

メガクチート強すぎだろ。

 

 

ナットレイ@食べ残し<鉄のトゲ>

意地  181- 160-151-x-136-41

努力値 252-252-0-0-0-4

アイアンヘッド 種マシンガン 宿り木の種 守る

 

◯A 

アイアンヘッド 

・191-116トゲキッス 126~150(66~79%)

・197-125メガユキノオー 116~140(59~71%)

 

◯B

・A182ガブリアス地震を残飯非考慮3耐え

 

◯D 

・C202メガユキノオーの吹雪で69~82(38~45%)

 

◯S

・最遅ドサイドン抜き

 

構築段階では補完で入った枠だったが、最終的にはパーティの軸となっていた。こいつで詰んでるパーティも少なくなかったように思う。鬼火を入れられても相手2体に宿り木が入れば回復スピードのがずっと上回るため特に問題はない。パンプジンオーロットはエアスラオバヒ悪波で早めに削り切ってしまいたい。

今では炎牙クチートや文字ガルーラとかもいるので安易な行動は気をつけたい。

技は、詰ませるための宿り木守る、電磁波の入ったキッスやユキノオーへのアイアンヘッド、ドサイトドン水ロトムナットミラーへの種マシンガン。

配分は、メガユキノオーに上を取られないようにSに下降補正を掛けないことを決め、仮想敵のドサイやトドンが最遅だった場合に抜けるよう41に設定したところ4振りで済んだため気持よく残りをHAにぶっぱ。Aを耐久に回したら安定感が増して使い易いかもしれない。

 

 

 

【一言】

濁流連打で全命中ダウン、急所も連発してきてマリルリナットをあっさり突破してくれたあのときの トノグドラドリュウズ使いのことはまだ許してません。

全然ライボルトが環境にいないときに組んだため、この構築が相手のライボルト重いことに当たるまで全く気付かなかった(’’;)